この時期に阿賀野川を下るの?ニットだけでなく自然を満喫できるプランもあるよ|五泉ニットフェス|GOSEN KNIT FES

五泉ニットフェス

ツアー続きです。

前回は2月9日(金)の

平日ツアーについて

見てみました。

今回は、

2月10日(土)

を見てみます。

 

全部で4つのツアーがありますね。

日帰りプランが3つ。

これはすべて五泉市役所(五泉駅)集合です。

 

宿泊プランが1つ。

これは燕三条駅集合です。

 

まず日帰りから

③ニット満喫2(日帰り)

午前に、共同精練染色工業さん。

お昼に、一包一心はまやさん

そして、午後サイフクさん。

 

前回紹介の①ニット満喫と同じで、

先に糸染の染色工場を見てから、

午後にニット工場を見る、

という構成ですね。

 

サイフクさんは、ニットポンチョmino

という自社ブランドを

精力的に展開していて

全国のお店で見かけます。

(すみません、というお話です、そんなに色んなところへ行っていませんw)

そのモノヅクリのDNAに触れられて、

minoまで購入できちゃう!

というのはオススメです。

そのまま着て帰ったらよいかと!

 

そして、個人的にはお昼の一包一心はまや さん気になっています。

和食であって、和食の概念をくつがえす、

のようなことをテレビでみました。

会社から近くにあるのですが、

実は言ったことがなく、

超気になるお店です!

 

④ニット×雪見船(日帰り)

五泉ニット×近隣のおすすめスポットというプランです!

午前は、サンクミルさん。

午後は、道の駅 阿賀の里(昼食、雪見船、お土産)

だそうです。

サンクミルさん、実は横正機業場の目と鼻の先です。たぶん、徒歩1分w。

是非、フリープランで回るのがオススメです。

 

道の駅阿賀の里は、

正確には阿賀町になりますが、

五泉近郊のオススメスポットとの連携ですね。

そこで、雪見船 の登場。

道の駅「阿賀の里」から出航する40分間の周遊コース。

まさに大人の船遊び。。

 

実は、私これにのったことがありません。

人に聞かれたらオススメするのですが、

実は乗ったことがない。。

でもこの時期、雪化粧された景色を見ながら

中で一杯なんてオツですね。

(すみません、酒がでるかは分かりません、想像の世界です)

 

たぶん、この時期で天候不良のこともあるかもしれません。

その際どうなるかは分かりませんが、

何か別ブランになるのだと思います。

 

 

⑤ニット×ヨーグルト(日帰り)

午前に、阿賀野市の人気スポット、ヤスダヨーグルトに行き、

お昼は五泉にもどり、これまた人気店の「とりかん」

午後は、トップニッターの一つ(と思っている)高橋ニットさん。

 

これまたスゴイプランがでてきました。

何がすごいって??

ヨーグルト食べた後に、とりかんの肉を食べるという組み合わせ!結構斬新?

でも、すごく心くすぐるプランです。

両方とも私はすごく大好きなリピータ

なのですが、さすがに連続して

食べたことはないので、

(逆だと油っぽいの食べてヨーグルトであっさりですが)

何か未知な感じがして、

新境地を開拓できそうな、、

そんなプランです!

 

高橋ニットさんは、OEMだけでなく

自社ブランドも展開されていて

新潟の人にもおなじみ新潟美少女図鑑と連携したtoiro ,

ニット雑貨・ニットインテリアなど他では買えないアイテムが揃うSHOP 「PRODIGAL 」

など、ニットの可能性を追求していてすごいニッターさんです。

 

⑥五泉満喫一泊は、長くなりそうなので次回に。

 

 

五泉ニットフェス2018公式サイト

 

五泉ニットフェス2018関連記事

やった!申し込みがきた!でもまだまだこれから|五泉ニットフェス|GOSEN KNIT FES

2018.01.23

別に日本一がウリではない。日本一の理由を知ってほしいのさ、くればわかるさ。|五泉ニットフェス|GOSEN KNIT FES

2018.01.19

こちらにとっては日常、あなたの非日常。お互いに見せ合いませんか?|五泉ニットフェス|GOSEN KNIT FES

2018.01.18

あと1か月だ、まだ間に合うぞ、今から五泉ニットフェスのことを知ろう!  | 五泉ニットフェス|GOSEN KNIT FES

2018.01.17

 

過去の五泉ニットフェス関連記事

2/10ニットの日に ニットをきて思うこと

2016.02.12

ニット愛!!で埋め尽くしてしまえ♪ 五泉ニットフェス(GOSEN KNIT FES 2016)

2016.01.29

 

五泉ニットフェス

ABOUTこの記事をかいた人

横野弘征

㈱横正機業場(YOKOSHO)専務取締役。新潟県五泉市で絹織物白生地製造を行っています。2013年に36歳でシステムエンジニアから兄と共に家業を継承するため転職。『伝統継承と革新への挑戦』がテーマ。製品(素材)の素晴らしさはもちろん、「100年企業」として培ってきた歴史を支えた職人さんこそが最大の商品として魅力を発信していきます。経済産業省認定 ITストラテジスト取得。